セカンドメールの意味

出会アプリでは、まずメールのやり取りのきっかけを作るということで、ファーストメールの重要性はとても高いです。
ファーストメールの返事が返ってこないのであれば、やり取りをすることが出来ないのですから、ファーストメールの内容というのは要になっているのです。

ファーストメールで女性に返信をしてもらったら、やり取りが開始されることになりますが、ファーストメールさえよければ良いというわけでもありません。
それ以降もやり取りをしていくためにも、セカンドメールも重視しなくてはなりません。

相手から返事が返ってきて、その返事に対して返信をするのが、セカンドメールです。

女性の場合、その多くの人が多数の男性からメールが送られてきているでしょう。
ですので、送られてきたメールの中の一部だけに返信をしている状態になっています。

つまり返信をしてくれたということは、あなたのメールを読んでくれて、少なからず興味を持ってくれたという表れなのです。
返信をしてもらうことは出来たから安心だと思っていると、足元をすくわれてしまうかもしれません。

なぜなら、あなた以外にも返信した男性もいるでしょうし、まだまだメールを送っている男性はいるからです。

では、セカンドメールはどのように返信するべきなのでしょうか?
まず一番にしなくてはならないことは、返信をしてくれたお礼です。
お礼を言うことで、その女性に対して好意を持っていることや誠意も伝わりやすくなります。

そして、ゆっくりメールをしていきたいということを伝えることで本気だということを分かってもらえるでしょう。

出会い系サイトで遠距離恋愛

出会い系サイトは相手を探す時に会いやすい距離で探す事が鉄則です。
なぜなら遠くに住んでいる相手だと会うために時間もお金もかかってしまうのでなかなか会うのが難しくなります。
それにもし付き合う事になったとしても遠距離恋愛はいろいろと難しいですよね。

恋人同士でも遠距離恋愛になった途端に、関係がぎくしゃくし、別れてしまう恋人も珍しくありません。
好き好んで苦労を背負う必要はない、そう考えるのが一般的でしょう。
しかし運命の相手と出会ってしまったら?
そしたら距離なんてもう関係ないと思う人もいるかもしれません。

まぁ、運命の相手は大げさかもしれませんが、すごく好みの相手がいて、遠いからせめてメル友にでもと思いメールをした。
そしてメールをすると性格まですごく好みで、もう会う前に好きになってしまった。
そんなケースもあるかもしれません。
そもそも遠くに住んでいても、新幹線や飛行機を使えば日本国内であれば、数時間あれば会いに行ける距離です。
日帰りは厳しくても1泊2日で週末に会う事も可能ですし、最近はライブチャットで相手の顔をみながら会話を楽しむ事も可能です。
そんな文明の利器を頼りながら、2人の関係を深めていく。
そしてなかなか会えないのはやっぱり寂しいからという理由で、比較的早く結婚の話が出る可能性もあります。
必ずしも遠距離だから上手くいかないという事はありません。

例えば沖縄の大らかな人柄に憧れる都会の暮らしに疲れた人が、沖縄の暮らしに憧れて、沖縄の在住の人と婚活目的で出会う。
そんな出会い系サイトの利用法もあるでしょう。

アプローチと自慢話は違う

出会い系サイトでは最初に知り合った相手とメールのやり取りをする際に、自己紹介からスタートします。
自分の事を知ってもらうために自分のいいところをアピールするのですが、この時注意点があります。
それはよく間違っている人がいるのですが、自己紹介とは自分の自慢話をする事ではありません。
もちろん、自分をアピールする必要はあります。

しかし実家がお金持ちだったから、小さい頃から家庭教師をつけて、一流大学、そして一流企業に就職した。
今は一流企業で高給取りだから、高級車に乗るのが趣味だという内容の自己紹介をしたとしましょう。
確かに結婚相手として考えるのであれば、高学歴、高収入はポイントが高く、実家がお金持ちなのも魅力的なポイントです。

ですが、その人物が魅力的かと言われると、自慢話をする高慢な人で近づきたくないと正直思ってしまうでしょう。
つまりプラス要因よりもマイナス要因の方に目がいってしまうのです。
それに結婚を考えるのであれば、相手が子供の頃からお金持ちでは、価値観が違いすぎて一緒に暮らすのは難しそうです。
またお金がかかる趣味を持っている男性は収入が多くても、出費も多いのが特徴です。
決して結婚相手に適しているとは言えないでしょう。
そんな自慢話を聞いていても楽しいわけがなく、こんなメールは返信の必要がないと判断されてしまうかもしれません。

高学歴である事、高収入である事はプロフィールに記載する情報だけで十分です。
それよりももっと別な部分で、親しみが持てるアプローチをするように心がけましょう。
趣味の話をする場合でもあまり女性に興味がないジャンルよりも、共通の趣味の話を振るようにしましょう。

誇大広告は信用出来ない

よく出会い系サイトでは誇大広告を謳っているサイトをよく目にします。
若くて可愛い女の子と必ず出会えて、簡単にセックスをする事が出来る。
まぁ、文章が違っても、書いてある内容は似たり寄ったりです。
そしてそれは男性が出会い系サイトに求める願望を形にしたものです。

男性は出会い系サイトで簡単に出会いたい、すぐに会えてすぐにセックスが出来たら最高。
その相手は若くて可愛い女の子が希望と思っているわけです。
しかし援助交際でお金を払うのであれば、若くて可愛い女の子もセックスを相手をしてくれるかもしれません。

ですがセフレとしてというのであれば、かなり無謀だと言えるでしょう。
若くて可愛い女の子がわざわざ出会系 アプリ おすすめ 無料でセフレを作らなくても相手はいくらでも見つかるでしょう。
それにもし周囲には知られたくないからと出会い系サイトを利用していても、相手は選びたい放題です。
若くて格好いい男性をセフレにする事だって可能なのに、どうしてあなたを選んでくれるのでしょうか?

そして実現不可能な事を堂々を嘘をつく、そのサイト自体も信用する事が出来ませんよね。
これは男性を釣るためのエサなのです。
集客効果を高めるために、美味しいエサを巻いておき、そしてそのエサを食べたいと集まってきた男性のお金を奪っていく。
そんな分かりやすい手口に騙されないようにしましょう。
世の中美味しい話には必ず裏があるものです。必ず警戒するようにして下さい。
自ら騙されるために、エサにくいつくなんて事をせずに、出会い系サイトでは地道に相手を探す事の方が出会える可能性があるのです。

Copyright© 2010 気軽に出会いを探せる出会アプリ All Rights Reserved.